曽我病院について

安心できる、信頼される病院を目指して。

私どもは、”こころのふれあい”を大切にしています。

 

理事長あいさつ

平素よりご格別のご支援、ご厚情を賜りまして厚くお礼申し上げます。

医療法人曽我病院は昭和36年に吉野の亡き祖父の時代から開設された由緒ある医療機関です。
高齢化のすすむ地域医療に貢献し、専門職が情報を共有しながらチーム医療に携わってまいりました。

理事長 日下部真希は、平成18年10月まで曽我病院にて常勤を10年間行い、11月1日からは在宅医療を中心としたくさかべまき内科クリニックを開設致しました。在宅医療では、主に重症な患者様を対象に訪問看護と連携し老齢で通院が困難な患者様に対し、定期的な訪問診察及び往診を行っております。

医療法人曽我病院が地域の皆さまにとって医療、看護、介護、生活支援を総合的に提供できる医療機関として貢献できることを願い精進し日々努めてまいりたいと思います。

今後ともご指導、ご協力のほど宜しくお願い致しましす。

 

医療法人曽我病院 理事長 日下部真希

 

施設案内

一般病床     30床
医療療養病床   90床
介護療養病床   60床

 

一般病棟

主に亜急性期の患者様の治療を中心に行う30床の病棟です。
入院された場合、最初にこの一般病棟にて治療させていただきます。

 

療養病棟

主として長期にわたり、慢性期の患者様の治療を行う病棟です。
当院では1階に30床、3階に60床設けています。

 

介護療養型医療施設とは

病院が行う介護保険施設の一つです。
要介護認定を受けた「要介護5~1」の方々で、医学的管理の下で長期にわたる介護療養が必要な方の入院施設です。
ケアプランに基づいて医療・看護・介護などの介護・療養サービスを受ける事の出来る病棟で、当院では60床を設けています。

 

ご利用になられる方

急性期の治療が終わり、病状が安定し長期の療養が必要な方
様々なご事情でご自宅や他の施設で介護を受けることが困難な方など

その他、ご質問がございましたら、医療ソーシャルワーカー(入院担当)へご相談下さい。

 

特定処遇改善加算に基づく取組【見える化要件について】

※介護療養型医療施設・通所リハビリテーションにて支給
(当院では特定処遇改善加算Ⅰ及び処遇改善加算Ⅰを算定)

 

<資質の向上>

働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務者研修受講支援
研修費等の補助を行うことにより、職員が研修や講習を受けやすい環境を整えている。

 

<労働環境・処遇の改善>

子育てとの両立を目指す者のための育児休業制度・子育て支援休暇制度等の充実
健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化
有給休暇取得推進を積極的に行っている。
その他(リフレッシュ休暇と支援金12,000円を支給)

 

<その他>

非正規職員から正規職員への転換
その他(定年後の継続雇用「毎年更新、5年間」)

 

≪「経験・技能のある介護職員」の基準設定の考え方≫

介護福祉士の資格を有しており、勤続年数10年以上の介護職員であって、他の法人における経験や当該職員の業務や技能をふまえ判断